30th Anniversary
  Toshihiko Tahara  Single Collection Live

6月20日(土)
6月21日(日)
SHIBUYA−AX 18:00 \6,500

SET LIST                           

20日(奇数曲) 21日(偶数曲)
1.哀愁でいと 1.ハッとしてGood!
2.恋=DO! 2.ブギ浮きI LOVE YOU
3.君に決定! 3.悲しみ2ヤング
4.グッドラックLOVE
MC1
MC1 4.君に薔薇薔薇と・・・いう感じ
5.原宿キッス
5.NINJIN娘
6.誘惑スレスレ
6.ラブ・シュプール
7.ピエロ
7.シャワーな気分
8.さらば・・・夏
MC2
9.チャールストンにはまだ早い
8.エル・オー・ヴィ・愛・N・G
MC2 9.騎士道
10.顔に書いた恋愛小説
10.ラストシーンは腕の中で
11.銀河の神話
11.堕ちないでマドンナ
MC3 MC3
12.夏ざかほの字組
12.華麗なる賭け
13.It's BAD
13.Headにやさしく
14.ベルエポックによろしく
14.あッ
15.KID
15.”さようなら”からはじめよう
16.どうする? 16.夢であいましょう
衣装替え 衣装替え
17.抱きしめてTONIGHT
17.かっこつかないね
18.愛しすぎて 18.ごめんよ涙
19.ひとりぼっちにしないから
19.ジャングルJungle
MC4 20.夏いまさら一目ぼれ
20.NUDE
MC4
21.思い出に負けない
21.雨が叫んでる
22.Dancing Beast
22.Kissで女は薔薇になる
23.雪のないクリスマス 23.魂が愛を支配する
MC5 24.DA*DI*DA
24.真夜中のワンコール 25.EASY...LOVE ME...
25.A NIGHT TO REMEMBER
MC5
26.キミニオチテユク
26.涙にさよならしないか
27.抱きしめていいですか 27.DO-YO
28.Dynamite Survival 28.DANGAN LOVE-弾丸愛-
MC6 29.願いを星の夜へ ・・・・
29.恋すれどシャナナ
30.愛をMOTTO
30.ジラシテ果実
MC6
31.Always You
31.Cordially
MC7 -アンコール− 
32.Cordially
哀愁でいと
衣装1:白のタキシード
衣装2:赤のスーツと黒のシャツ
曲はほとんどフルコーラスかワンハーフ。だいたいMCごとに連続メドレーの構成。

■20日
オープニング:ゴットファーザー愛のテーマがかかり準備万端の状態で、「T・O・S・H・I スーパーアイドル ラブトシちゃん」のコールが。「哀愁でいと」からスタート!

「キミに決定!」ではスケボーで登場。会場が沸きました。

★MC1:みなさんこんばんは〜元気ですか〜といつもの元気な挨拶。ここまで新聞各社が写真を撮ってました。「今日は主役はみんなだから、マイクを向けたらお願いしますよ〜。」と。

「原宿キッス」のイントロのコールはみごとでしたね。(エミィ)

★MC2:「休憩タイム〜」と言って、みんなを座らせる。「1日目の方が曲がいい」といか言っちゃって、会場を沸かせる。「バラードはいいけど、アップテンポものは体もそうだけど、詞が出てこないんだよ」と笑わす。

「顔に書いた・・」のブレイクから「銀河の神話」へ転換。意外な展開に会場ザワザワ。

★MC3:会場から「がんばれ〜」の声。「そんなこというなら代わってみ〜」とのトシちゃんに会場爆笑。「夏ざかり・・」は会場からデュエットの相手を選出。

「どうする?」の最後で「どうする」と言うところで「着替える」と言って衣装替えに引っ込む。会場爆笑。その間、現在から過去のシングルのジャケットが映像として順番に流れます。

「雪のないクリスマス」の最後に「メリークリスマス」というのだけど、違うことを言って会場大爆笑!ここではいえましぇん!!(笑)

★MC5:「ここが終わったら西麻布だけど、今日はまっすぐ帰って、明日の歌詞を覚えなきゃならないんだよ!」と半ばあきらめぎみで爆笑を買っていました。

「キミニオチテユク」が結構めちゃくちゃで、会場にマイク向けてました。しかし、そのあとの「抱きしめていいですか」のイントロがすぐに始まり、ギターの準備が忙しくてもう大変って感じでしたが、その様子がおかしくて、会場は大盛り上がり。はじめのサビを歌ってその後はギターのエンディングになり、ほんとにトシちゃんがアコースティックでちゃんとギターを弾いているだけの音になったので、演奏が終わると会場が大拍手でした。おかしかった。

「恋すれどシャナナ」も会場からファンをあげて歌いました。歌える人はカンペなしだからえらいよね。


「Always You」では「最後〜」と叫んでうれしそうでした。

★MC7:
「どうもありがとう、今回はバンドでなくて、カラオケです。これもいちからマスタリングし直しました」とスタッフに拍手。

ダンサー紹介:木野正人、俊、アッコちゃん、ヨーコちゃん
木野君との出会い話をしてくれました。木野君が送ってきたビデオをジャニーさんとみて、「呼んじゃえば」とトシちゃんのひとことで決まったらしいです。それを聞いていた木野君が深々とお礼してました。


みんなへの感謝の言葉の最中にちょっとうるうるしたのかなぁ?涙こらえてたって感じで、汗なのかわからないけど、目が赤くなってました。「僕らしくまっすぐに頑張っていきますので、今後とも・・・・(間があり)・・・・よろチクビ」→これが翌日の新聞に載ってせっかくいいこと言ったのに、ショックだったと言ってました。トシちゃんのテレの裏返しの言葉だからファンはわかってますとも!!

「Cordially(バックでPVも流れている)」終わりで「どうもありがとう」と言ってステージ奥へ。その後から「T・O・S・H・I スーパーアイドル ラブ トシちゃん」のコール。本来ならアンコールのない構成のはずだったけど、会場が明るくなりかけの時に挨拶だけで出てきてくれました。みんな感激!こうして1日目は終了しました。
 
 
■21日

オープニング:ゴットファーザー愛のテーマから、「T・O・S・H・I スーパーアイドル ラブ トシちゃん」のコールの中「ハッとしてGood!」からスタート!

★MC1:「みんな元気ですか〜。体が痛いですぅ〜」の挨拶。
「ラブシュプール」「シャワーな気分」が盛り上がりました。


★MC2:「5分休憩!余裕だけど念のためね」って言ってみんな座らせる。歌詞が覚えるのがホントに大変ってことをアピールしてました。

「ラストシーンは腕の中で」 個人的にすごいと思ったのはこの歌の間奏。ステージ下手から上手に一直線にダンスをしながら移動するのだけれど、これがまるで、フィギャースケートのストレートステップのように華麗でなめらか。感動しちゃいました。

堕ちないでマドンナ」を歌うと「カックラキン」を思い出すと言ってました。

「本読んでくれましたか?保管用、親戚用などたくさん買ってボクを楽させてください」と言って会場爆笑。

「夢であいましょう」ではワンコーラス後に衣装替えで引っ込むのですが、2コーラス目になんとカズが黒のタキシードで登場して、トシちゃんの着替えている時間でパフォーマンス。歌い方がそっくりでまたうまくて、会場は大盛り上がりでした。

17〜20の連続は全力を出し切って、さすがにキツそうだったけど、みんなで盛り上げて声援!そして「夏いまさら・・」は2コーラスから再びカズが登場して、トシちゃんをフォロー。息がぴったりで、ある意味すごかった。

★MC4:「あれ〜西麻布じゃないよね?」と。カズはふたつ返事で2曲OKを出したらしい。カズ「30周年おめでとうございます。トシさんもいつも応援してくれてるんですよ。」と。

★MC5:歌おわりでステージに倒れこみ「タイム」と叫ぶ。2日目の構成の方がキツイ感じ。ステージで死ねたら本望と言ってました。「ごはんはクリームロール?しか食べてないんだよ。おなかすいちゃった。食べるより歌詞覚えないと・・・」と言って会場から笑いと拍手が。。。
ここでダンサー紹介。

★MC6:「間違いもありましたけど、ほんとに今日はどうもありがとう。夏のライブも気合を入れてがんばります。これからもまっすぐにわがままに僕らしく進んでいきますので、しっかりついてきてください。」と言うと会場から大拍手。

「Cordially」 もう声もちょっと出なくなってきて、絞り出すように歌うトシちゃんが泣いているかどうかはわからなかったけど、心のこもった「Cordially」は素晴らしかった。

★アンコール:会場にはコールが響きます。それに応えてくれて、「哀愁でいと」を歌ってくれました。その後も手拍子が長く起こりましたが、終了となりました。アンコールに応えてくれただけで十分な気がしました。

■エミィの感想
2日間が終了。こうして全部を聞いてみると、ほんとうにたくさんの曲がトシちゃんと共に歩んできたんだなと感慨深いですね。でも何よりも楽しいライブとなったことに感謝です。ファンのみなさんのコールも素晴らしかった。トシちゃんを含め、今回のライブはファミリーの絆を感じました。

 
なぜかチャチャからもお花が。。。   カズ、松井五郎さん、KKベストセラーズからもお花が来ていました。

 
 
当サイトはAMY-EMOが作成したものであり、田原俊彦及び関係各所とは一切関係ありません。当サイトのデータ、キャプション、画像の無断転載を禁じます。
コンテンツ内容に問題がある場合は善処いたします。ご連絡はこちらからどうぞ
Copyright 1999-2009 Produced By AMY-EMOAll rights reserved TAHARATOSHIHKO DATAPARK